パワーリング295・390
リング状のせん断補強筋
新商品
パワーリング295・390の特徴
・溶接閉鎖型のため、合理的な鉄筋建方が可能です。
・強度的に優れるリング状の構造をしています。
・フックがないためコンクリートの廻りがよく、ジャンカ(空隙部)の発生が少ないです。
・定着用のフックがない分、鉄筋量を節約できます。
・鋼種が豊富。
鋼種: SD295A、SD390
寸法: D10、D13、D16
表面形状: 竹節
・加工形状は閉鎖型以外でも可能です。サイズ、口径は現場の条件に合わせて製作します。
スペック
・鋼種別製品仕様
製品名 記号 サイズ 降伏点
N/mm2
引張強さ
N/mm2
溶接方法
パワーリング295 SD295A D10〜D16 295以上 440〜600 アプセットバット
パワーリング390 SD390 D10〜D16 390〜510 560以上
・形状、寸法、質量
記号 呼び名 公称直径
mm
公称周長 公称断面積
cm2
単位質量
kg/m
SD295A
SD390
D10 9.53 3.0 0.7133 0.560
D13 12.7 4.0 1.267 0.995
D16 15.9 5.0 1.986 1.56
・折曲げ形状、寸法
記号 折曲げ角度 折曲げ内法直径
SD295A <90°
90°
>90°
3d以上
SD390 4d以上
折曲げ機
※パワーリングは東京鐵鋼株式会社の登録商標です。